ホーム>HACCPとは?

HACCPとは?

HACCPとは?

HACCPシステム(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理点)は、もともと、米国で、宇宙飛行士が飛行中に宇宙食により危害が生じないように、宇宙食の開発を始めたことがきっかけでした。

従来は、最終製品の検査結果に依存していたため、最終製品の安全性をほぼ100パーセント保障しようとすれば、その製品は1ロットのうちほんのわずかとなり、無駄が多く非効率であったのです。

そこで、原材料、工程、製造、環境、従事者、保管、流通に至るまでの過程で、微生物によるものなど危害に結びつく可能性をすべて系統的にコントロールし、これらすべての事項に記録をつけるという予防的なシステムが開発されました。この概念が、HACCPシステムのもととなっています。

この方式は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

HACCPシステムの特徴とメリット

特徴 メリット
プロセスを重視している。 工程ごとに検証ができる
工程の中で、厳重に管理すべきポイント(CCP)が設定されている。 効果的・効率的な対策がとれる。
CCPのモニタリング結果が記録に残されている。 過去にさかのぼって検証ができる。
CCPに問題が発生したときの改善措置が記録に残されている。 過去にさかのぼって検証ができる。

引用:三重県健康福祉部 薬務食品室 食品・生活衛生グループ